皆さんこんにちは。 我々、KCCには日々人事採用の現場から様々な悩みや調査のご依頼が寄せられています。 KCCは企業様が人材を採用するに当たり、応募者と企業様との相性が良いかどうか、また、採用して問題のない人物なのか?をプライベートな部分までにわたり調査する『バックグラウンド調査』を提供しています。
今回は弊社にご依頼をいただいた調査結果をご紹介致します。(※一部内容を変更しております)

クライアント様の状況と調査対象のプロフィール


今回のクライアント様は大手企業様で中途採用をお考えでした。いくつかの関門をクリアした応募者の最終面接直前に、弊社のバックグラウンド調査を依頼していただきました。 昨今、特に大手企業では当たり前の様に応募者のバックグラウンド調査を実施する傾向にあり、今回のクライアント様も入社内定の応募者に対して必ずバックグラウンド調査を実施する危機意識の高い企業でした。
今回の調査対象者は20代後半の男性、中小企業に勤めていますが、より良い企業に就職したいと考え転職活動をしていたようです。調査対象者から提出された履歴書に不備はなく、面接担当者の評価も良く、『受け答えが確りしており、爽やかで営業向きの人材』と好印象でしたので、このまま何事もなければ採用という状況でした。

調査の流れと結果


バックグラウンド調査の流れを簡単にご説明すると、
調査対象者の「名前」「学歴」「職歴」などの情報からSNSを特定したり、ネット上に対象者のネガティブ情報が無いかの調査を行ないます。SNSやネガティブ情報は趣味趣向や性格を確認できますし、友人関係に問題が無いかどうかを探ることが出来ます。また、ここで危険な要因(反社との繋がり等)が見られた場合は、調査員が身辺の調査を行なうため対象者の自宅等に足を運びます。
今回のケースでは、本人のSNSに問題はありませんでしたが、ある女性のSNSに対象者の悪評が投稿されていました。「○○(調査対象者の名前)が幸せなのが我慢できない。私を裏切って。。。私のお金で嫁とデートしていたくせに!」という内容でした。(※一部内容を変更しております)
この女性の投稿を分析したところ、対象者と女性は不倫または浮気関係にあったことが推測され、現在も男女間のトラブルを抱えている危険性がありました。
その後、更にSNS調査を進めていくと、調査対象者がこの女性と関係を一方的に絶ち、新しい女性(現在の妻)と結婚をしていたことが分かりました。
あくまでも女性側からの主張ではあるのですが、
「昔、交友関係のあった異性から名指しで批判されている」という応募者は採用する企業としては非常に悩みどころです。
今回のレポートを提出した際に、人事担当者の方は、面接での対応も非常に良かったため、大変驚かれており、それと同時に採用をするかどうか非常に悩まれていました。
この様なケースの場合、企業のサービス内容によって採用するかどうかの判断が変わります。今回のクライアント様はB to Cの商品を販売しており、お客様と社員が密接に関わっていきます。お客様が偶然ネット上で悪評を目にする事もあり得るのです。そうなった場合、企業側の信用問題にも関わる可能性があり、トラブルの火種であることは間違いありません。そこで弊社は採用を見送ることをオススメしました。

他人に悪評を書き込まれていた応募者をどう捉えるか


まず、今回の様に「第三者から名指しで批判されている投稿」というのは非常に採用の判断が難しいのです。
なぜなら、自分自身で炎上しかねない投稿をしているのであれば、本人発信であるため発見した段階で見送る判断が容易にできるのですが、第三者発信の場合だと、確証を得られる情報にたどり着きづらいのと、一方的な情報であるため真偽の判定が難しいからです。
今回のケースでは、女性が元カレの幸せが憎くて誇張して投稿している可能性もありますし、調査対象者が結婚詐欺まがいなことをしている可能性もあり得るのです。
ただ一つ言えるのは「悪評を書かれている事実」があるという点です。この事実があるだけで人間関係にトラブルを抱えた経歴があるという判断はできます。
採用するかしないかは企業様が展開しているサービスやビジネスモデルと照らし合わせて判断して頂くのが最善ですが、「火のないところに煙は立たない」という諺があるように 調査結果を慎重に判断して頂ければと考えています。

調査が重要ではなくその先にどんな判断をするかが重要

今回は企業の人事担当者が調査結果によって判断に迷う事例をご紹介させていただきましたが、実はこの様に調査結果を見た上でさらに悩んでしまうという方は多くいらっしゃいます。
多くの調査会社は調査結果だけを提出して終了となるのですが、我々、KCCはその先のフォローやご提案までをサービスとしてご提供しております。
毎年数多くの調査を経験させて頂いた経験から、人物の性格や交友関係、趣味趣向の傾向を掴んでおり、応募者を採用するべきか否か。または、採用するのであればどういったマネジメントをした方が良いのかなどのご提案までを提供させていただきます。
これも弊社にご依頼をしていただいたクライアント様がスムーズに採用活動を行えるためにご提供しているサービスです。 是非、バックグラウンド調査をご希望の方は、KCC(企業調査センター)へお問い合わせ下さい。