皆さんこんにちは。企業の様々なリスクを調査する企業調査センターです。 弊社、企業調査センターではいわゆる企業側が被雇用者である社員や、これから社員となる内定者に対して行う「身辺調査」を行なっています。 今回はそれがどのようなものか、また調査会社の選び方などについて説明していきたいと思います。

身辺調査はどんな調査?

そもそも「身辺調査」とは、特定個人の経歴や背景を確認する調査全般を指します。企業側で行う「身分調査」は対象の個人がどんな恋人と何年付き合ってるか、どんな趣味があって休日にどう過ごしているかなどまでは求めておらず、資格詐称、経歴確認、破産歴等を調査します。 また、昨今では、リファレンスチェック、バックグラウンドチェックと言われてもいます。 リファレンスチェックとは、いわゆる採用前調査です。内定前の採用希望者が面接時に提示してきた情報、例えば学歴や経歴、所有スキル、人物像などと実際の情報が合っているかを確認するための身分照会です。 バックグラウンドチェックとは、いわゆる雇用調査、素行調査です。被雇用の社員が社内で問題のある異様な行動をしていた時、実際の経歴や人物像を調べるだけでなく、素行・アリバイに至るまでを調べ上げます。 この様に”身辺調査”は調査内容や目的に応じて様々な言葉で表されておりますので、初めて調査会社に依頼される方は迷われる方も多いと思います。

良い調査会社とは?調査会社の選び方とは?

そんな”初めて調査を依頼する”という方はどんな会社に依頼をしたら良いのでしょうか?採用面接の場面で調査会社に依頼をする場合、調査会社の判断基準は人それぞれ、場合によりけりです。金額の比較、調査項目、実績など、色々異なります。 しかし、多くのお客様が求められているのは、正確な調査結果です。弊社ではそちらについて、独自の調査方法をもって、自信を持ってご提示させていただきます。 弊社はクライアント様がより調査会社を検討しやすくするために、サンプルレポートのダウンロードができるようになっています。興味のある方はぜひお試しください。

調査の方法は?

弊社ではネットや電話、現地調査の3つをベースとして調査を行なっています。ただし、詳細は企業秘密のため、差し障りない程度でお伝えできるのはそちらまでです。 昔と異なり、現在ではネット環境のSNSなどを通した人間関係も多く構築されています。そういった情報は昔の雇用調査では把握しきれません。そこで、今の時代に合わせた調査方法として、SNSの調査やネット上の情報も広く入手するのがまず第一です。ネットでの情報は想像以上に膨大なため、多くの情報が入手できます。それでも知り得ない、裏付けの取れない情報などもあるので、そこからさらに電話や現地調査などを用いてより深く正確な調査結果を得ていくのが弊社の調査スタイルです。

最後に

企業における身辺調査、改め、リファレンスチェック及びバックグラウンドチェックの調査方法の多くは基本的にはどの調査会社でも詳細が企業秘密となっております。そのため、調査結果のクオリティに関して他社比較をするのは大変困難です。そこで弊社にご相談の際は、まず調査結果のサンプルのクオリティを実際にご覧ください。初めにお試しで調査をご依頼いただき、そして調査結果がどう上がってくるかを実際にご覧いただいてから、ご検討をしていただく形がより効率的でおすすめです。その際はどうぞ御社の発展にぜひ尽力させてください。