こんにちは。
企業の採用活動の際にバックグラウンドチェックやリファレンスチェック等の調査で、採用面接では見せない応募者のプライベートの一面を調査する企業調査センターです。

弊社には幸いなことに年間5000件からの調査依頼をいただいております。
その中でも新卒採用のシーンでも調査を行う企業が増えてきていると実感しています。
というのも、今までは企業が人材採用時に調査するとなると、中途転職者がメインで行われており、新卒採用の応募者に調査を行うというのは、ほとんどありませんでした。
外資系企業は従来からリファレンスチェックを行っていましたが、いわゆる日系企業が積極的に調査を進めるようになったのはここ数年で、SNSの炎上であったり、SNSに絡んだ情報漏えいが問題になってきたからこそ、情報管理がしっかりできる人間なのかどうかを見極めなければならないという所から、採用時の調査意識というのが高まってきたと感じています。

そんな時代の流れから、弊社にもご相談をいただくわけですが「新卒採用のためのリファレンスチェックを行いたい」という相談を受ける場面があります。

そこで。今回リファレンスチェックが新卒採用に有効なのかどうかという点をご説明したいと思います。

リファレンスチェックとは何か


まずはそもそもリファレンスチェックとは何かについてご説明します。
リファレンスチェックとは、応募者が本当のことを言っているのか。スキルは本当にあるのか?組織で働くに適した人間性を持っているのか等を調べるために行います。
昔から外資系企業は行っており、面接以外での情報が得られるため、応募者評価の精度が上がるという点で有効な調査かと思います。
調査方法は、応募者に2~3名ほどの推薦人を出してもらい、それぞれの推薦人に電話でインタビューを行い、その人の実務経験やスキル、人間性に対しての調査を行います。
比較的、この調査のクオリティの差は、インタビュアーとなる調査員の能力が重要になる調査です。

現在、リファレンスチェックの需要の高まりから、リファレンスチェックサービスを行う企業は増えてきましたが、弊社は年間5000社の調査実績から調査員の能力という点で、クライアント様に提供する調査のクオリティという点では十分に高いと自負しております。

ここから本題に入りますが”リファレンスチェックは新卒採用に有効なのか?”というと、弊社の見解としては”有効的ではない”と判断しています。
その理由をご説明いたします。

リファレンスチェックは新卒採用に有効的でない理由?

まず有効的ではない理由は、応募者の仕事への向かい方や、人間性を客観的な立場で話せる推薦人が出てこない、もしくは仮に出てきたとしても推薦人の立場が分からないため、情報の判断に迷う点が出てきてしまいます。

例えば大学生の新卒採用にリファレンシチェックを用いた際に、友人や家族といった人たちは、応募者の悪い面は決して言わない可能性が高いため、インタビュー相手としては不適切です。そうなると、大学ゼミの教授やバイト先のリーダーや店長等になるわけですが、その人達が本当に応募者の近くにいた人なのか、応募者と一緒になって仕事をしていた人なのか、という点が不明確です。
仮に話が聞けて調査ができたとしても、推薦人と応募者の関係を示す確実な証拠がないため、調査結果に疑問が残ります。
そのため”不可能ではないが確実性に欠ける”というのがリファレンスチェックが新卒採用で有効的ではなく、用いられない理由の一つです。
ただ、新卒採用の責任を担う人事部の方から見ると、何かしら面接時に感じた印象や人間性、もしくはスキルを裏付ける情報が欲しいというお気持ちは非常によく分かります。

そこで、弊社ではSトクというサービスを新卒採用調査としてオススメしています。

リファレンスチェックよりもSトクが有効


Sトクとは、応募者のSNSアカウントを特定し調査するものです。
今や、SNSは若い人には欠かせないものとなっており、個人の人間性を知るためにはとても貴重な情報元です。SNSを見ればその人がどんな人物なのか、経歴や人間性を知ることができます。
人事部の方でも一度は調べたことはあるのではないでしょうか?

しかし、昨今は採用用のアカウントを作成し、個人の投稿は別アカウントで行う”裏アカウント”を持つ学生が増えています。裏アカウントというのは個人の特定ができない様にしてあるアカウントのことで、この裏アカウントの特定は恐らく人事部の方だけでは難しいため、専門的な手法が必要になるでしょう。
企業調査センターでは、これまでの特定・調査するノウハウを生かして、裏アカウントを特定します。

リファレンスチェックよりも”投稿というこれまでの実績”から応募者の本当の人柄や今後の伸びしろを見極められるため、この調査のほうが新卒採用時には有効な調査と考えております。

新卒採用時の調査に悩まれている企業様は是非、企業調査センターにご相談下さい。