【調査事例シリーズ】 皆様こんにちは!

企業調査センターです。
当社(株)企業調査センターは、1999年から20年以上の調査実績と経験を活かし、様々な企業様から年間5,000件のご依頼を頂く法人専門の調査会社です。 長年の実践で培ったノウハウと独自のスキルを駆使し、クライアント様が求める多岐にわたる様々な情報収集・分析を行っております。
今回は、中途採用のネット調査で判明した事例をお伝えします!

業界でも名が知れた人材

某不動産業B社様から、役員候補として採用予定の候補者Aさんについて調査をご依頼をいただきました。
Aさんの経歴は数社で取締役を歴任し、自身も会社を所有しており、業界では名が知れた人材です。
役員候補として迎える人材にバックグラウンドチェックを行うのは一般的になってきましたが、 優秀な人物だから必要ないと思われがちですが、確認してみると意外な事実が判明することも多々あります。

代表を務める会社の怪しい事業が判明

Aさんが代表を務めるC社の事を調べていくと、所在する事務所の隣部屋で派遣型風俗店を経営していることが判明しました。AさんのTwitterを調べていくと裏アカウントが幾つも特定され、その中でキャストの出勤予定を従業員に知らせる内容が投稿されていました。連絡先に自身の会社名の一部が使われ、連絡先まで同じ。たまたまSNSで業務連絡として投稿したものと思われますが、削除せずに残していたことからこの事実が判明したことになります。

採用後に発覚し、大きなトラブルに発展しないよう、事前の確認は今やリスク防止の観点から必須事項になってきたと思われた事例です。

サービス導入をお考えの企業様は弊社HPよりお気軽にお問い合わせ下さい。 HP:https://kigyou-cyousa-center.co.jp/