皆さんこんにちは。企業のあらゆるリスクや人材を調査する企業調査センターです。

金融系の企業様の場合、社員の採用に対して独自の調査やチェックを行い問題の抱えている応募者を採用しないよう、採用活動を行っていることが多いと思います。

ですが、独自の調査などをしていても問題を抱えている応募者を採用してしまうリスクもあるため、弊社では企業様独自の調査と合わせてバックグラウンドチェックを行うことを推奨しております。

様々な業種のなかで特に金融系の機関では不正やトラブルは大きな損失や重大問題になりやすいため念には念を入れて調査する必要があります。

現時点でも独自の調査を行っている場合が多いとは思いますが、調査については弊社のような専門の調査機関に依頼するのが最善です。

今回は金融系の企業様がバックグラウンドチェックに力を入れた方が良い理由と弊社で行える調査内容についてお話していきたいと思います。

なぜ金融機関はバックグラウンドチェックに力を入れるのか?


そもそもなぜ金融系の企業はバックグラウンドチェックに力をいれたほうが良いのでしょうか?
理由はいくつかあります。
例えば
・金銭問題を抱えている人の場合、不正に走りやすい環境になる可能性
・破産歴がある場合、仕事で必要になる資格が取れない
などです。

特に破産歴がある場合、金融系の資格ですと、
・生命保険募集人
・損害保険募集人
・変額保険販売資格
など、破産歴があると取得できない資格は多数あります。

そのため金融系会社の場合、独自に官報などで破産歴を調べていることが多いかと思います。
ただ、破産歴は無くとも多額の借金や水道光熱費や家賃の延滞を抱えているかどうかの調査は、企業様独自では難しいかと思います。
その際に弊社のバックグラウンド調査をご利用いただきたいのです。

企業調査センターができる調査内容


企業様の場合、官報などでチェックすることが多いと思いますがこの場合、破産歴がないと調べることができません。
ですが弊社では、バックグラウンドチェックを行うことで過去から現在までは破産歴がないが、今後破産する危険性がある応募者か調査することが可能です。

しかし、一点ご理解いただきたいのが、危険性がある応募者か調べることは可能ですが、実際どのくらいの借金があるかなど細かい数字の把握まではできません。
弊社にも非常に多くの問い合わせや依頼がきていますが、こればかりは応募者本人や金融機関しか情報を開示してもらうことができないので調べることができないのです。

そのため、弊社では身辺調査やSNSなどあらゆる要因を調査し、調査対象が現在どういう環境にいるのか、どういう人柄で今後破産するリスクを抱えているのかなどを推測します。

例えば
・お金に苦労している傾向がある
・派手な暮らししているのに住んでいるところはそうでもない
・収入に見合った生活をしていない
・ギャンブルや投資を積極的に行っている
・家族に会社の経営者がいるか?倒産した経歴があるか

などという内容を調査することが可能です。
上記のような内容から推測し、現在借金を抱えている可能性があるのか、今後破産のリスクがあのるかをご報告します。

調査対象で要注意な人物とはどんな応募者か?


弊社でクライアント様にご報告する際、要注意として報告するのは以下の場合です。
・投資や仮想通貨に積極的
・副業を行っている
・SNSなどでお金に執着の強い傾向がみられる
・ギャンブルをしている
・身内に会社経営者がいる
・見るからに収入に見合ってない生活をしている
などといった場合はクライアント様に必ずご報告しています。

一見身内に会社経営者がいるだけでは懸念材料にならないかもしれませんが、万が一倒産した場合や倒産した過去がある場合、それなりの借金を抱えている場合があります。
家族間の問題でも応募者が影響を受ける可能性があるので意外と注意が必要です。

他にも投資すること自体はいいのですが、失敗した際やお金に執着が強すぎる場合、不正に走ってしまうケースに繋がり金ないのでこちらも注意が必要でしょう。

度合いにもよりますが、ギャンブルを原因に借金を抱え横領等の行為に及ぶ事件もあるため、ギャンブルについても報告させていただいております。

調査では特にSNSの場合、調査対象の人柄や趣味趣向など個人に関わる様々な情報の取得が可能なのでしっかりと洗い出しを行います。

金融系企業様の調査事例

ここからは、実際に弊社でご依頼いただいた調査事例を紹介していきたいと思います。
某企業の中途採用予定の男性のケースですが、調査を実施したところ、督促状がきているのにも関わらず高級車を保有しているなど、収入に見合ってない生活をしているということが発覚しました。
この場合、現時点では破産していないがこれから破産する可能性が高い対象として応募者の現状を詳しく報告させていただいています。

まとめ

事例を見ていただくとわかる通り、金融系の企業様の場合、自社での調査では応募者が抱えている問題を見つけることができないことがあります。
ですが弊社のバックグラウンドチェックなら応募者の実際に抱えている問題の発見や応募者の人間性や傾向を推測することが可能です。
なので、採用後に応募者が実は問題を抱えていた、トラブルを起こすような応募者だったなどのリスクを減らすことができます。
自社だけでの調査では不安な企業様は、ぜひ弊社のバックグラウンドチェックをご検討ください。